So-net無料ブログ作成
検索選択

出産直後のはなし。 [出産体験談]

gohan60.jpg

今日は、まさに出産直後の話。

実家の段ボールから何故か古いデジカメ(古いというか、今まで私がずっと愛用していたデジカメです。出産後に行方不明になっていたのです。)が出てきたので、データを見てみたら、出産直後の写真がありました。いつの間に、誰が撮ったのよ。

赤ちゃんを生んですぐに、お腹の上に持ってきてくれるのですが、その時の貴重なショットがこれ。
onigiri45.jpg
赤ちゃんは羊水と血にまみれて、生臭かったのですが、とっても重くて温かかったです。私が出産の中で一番嬉しかった場面です。


ところで、私は会陰切開をしましたが、痛みは全然ありませんでした。
する前に麻酔の注射をしたので、注射をするとき、ちょっとチクッとしただけ。でも、ほんのちょっとです。注射の痛みすら感じないくらい陣痛が痛かったです。

切開をした瞬間も覚えていないほど。
したがって、「切られた」という感覚も全くありませんでした。
それよりも、なんか足下で先生が妙な器具を持っていたことのほうが気になりました。はさみにしては、大きすぎる…。後になって、それが吸引カップ(赤ちゃんの頭につけて吸引して引っ張り出すすっぽんみたいな道具。)だと知りました。あれ?それじゃあ、切開は誰がやったんだろう??はさみを持った人物がいなかったけど…。吸引カップからはシュゴ〜〜というものすごい音がしました。


赤ちゃんはその後、体の検査を受けたり、体重などを計ったりしていました。
うちの子がでかかった証拠写真も出てきました。
onigiri46.jpg
体重が…。重いですよね。最近は3,000g以下の子が多いみたいだから…。

onigiri47.jpg
おにぎり君、生まれた直後から大暴れですよ。いろんなところを計ってもらっています。


私は出産後、またすぐに切開したところの縫合をされるわけですが、世の中には麻酔なしで縫合された方がたくさんいるみたいですが、私の場合は縫うときも「麻酔しますね。」と言われ、何カ所も念入りに麻酔注射を打たれました。多分、傷が大きかったのと、切れた場所がいっぱいあったのでしょう。
縫うのが痛いと言っている人もいますが、私は縫われるのも別に痛くはなかったです。ちくちくするぐらい。
それよりも痛かったのが、後陣痛です。子宮収縮の点滴を打たれて、ものすごい勢いで子宮が収縮しているのが分かり、陣痛みたいにお腹が痛かったです。「痛いので、痛み止めをもらえますか?」と医者に言ったのですが、「子宮が収縮するいい痛みですから、痛み止めなんかで収縮を邪魔しちゃダメだよ。」と言われ、痛みを我慢する羽目に。

この時、再び赤ちゃんを抱っこさせてもらい、初乳をあげたのですが、喜びよりも痛みと疲労でぐったり。途中で赤ちゃんを預かってもらって、私は分娩台の上で眠らせてもらうことになりました。

ちなみに、分娩台の上で、入院着を脱がされ、体を拭いてもらえました。そういえば、2日間風呂に入ってなかったもんね…。
それから私の持って来たネグリジェに着替えさせてもらい、寝ている間、足のオイルマッサージを受けました。結構他の病院でも、出産後にマッサージをしてもらえるところが多いようです。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 2

ロボッコ

(●´▽`●)ノ おはよん♪
わぁ~!!感動の写真だ!!
おにぎりクン誕生の瞬間だね~♪
はづきちゃんの優しい笑顔が浮かんでくるよ~♪

縫うの・・も怖い・・・後陣痛なんてあるんだね(いつかのために
メモメモと・・)ほんとママはすごいよね!!
by ロボッコ (2008-05-24 10:59) 

はづき

>ロボッコさん
そうなんです〜。まさに誕生の瞬間です。(●^o^●)
生まれてすぐに元気な声で大泣きしていました。しかも、手足バタバタ動かして暴れていました。
初めて抱いたときの温かい感触が忘れられません。

本当に出産って痛いこと続きですよー。何故女性だけにこんな試練が与えられたのでしょうねえ。
by はづき (2008-05-24 18:06) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。